トラセミド(Tor-10)通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 2,422円 無料
ベストケンコー 2,980円 無料
メデマート 3,750円 1,000円
あんしん通販マート 4,820円 700円
薬の通販オンライン 5,380円 700円
アスケイン 7,200円 500円
ガルショップ 8,150円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でトラセミドを購入するのが一番お得!

トラセミド(Tor-10)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1箱150錠を2,400円ほどで購入できます。1錠あたり16円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、トラセミドの商品代金以外の支払いは不要です。

トラセミドについて、オオサカ堂には100件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので偽物の心配は不要。安心してお買い求めください。

トラセミドをオオサカ堂で格安購入する

トラセミドの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

スマドラ関連の個人輸入規制でラシックス(フロセミド)が購入できなくなったのでトラセミドに変えました。効き目がマイルドで長時間持続します。なかなかおすすめです。

2chユーザー

ラシックスよりカリウムの減少が少ないとのことでトラセミドを購入。ラシックスの方が即効性がありますが、安全性ならこちらの方がいいかもしれません。

2chユーザー

仕事がデスクワーク中心でむくみ対策でトラセミドを試しました。トイレの回数が増え、足のむくみもだいぶ解消されました。仕事が捗るので助かります。

2chユーザー

ラシックスがなぜか体にあわなくなってしまったのでトラセミドに変えました。効き目は少し弱めですが、私の場合は十分に利尿効果がありました。

2chユーザー

ラシックスからの移行組です。効き目が違うので1回の服用量を調整しています。体調によって効き方が違いますが、飲む量を調整すれば問題ないと思います。

2chユーザー

マッサージだけではむくみがとれないので利尿剤に頼ることに。穏やかな効果で5時間ほど持続します。劇的な利尿作用はないですが、私にとっては十分です。

Twitterユーザー

ラシックスは尿がですぎてふらふらになることがありました。トラセミドは効き目が弱く体の負担が少ないです。今後も続けてみようと思っています。

Twitterユーザー

ラシックス(フロセミド)の方が強力ですが、トラセミドでも十分利尿作用があります。マイルドな効き目のこちらの方が体に優しいかもしれません。

Twitterユーザー

即効性はそこまでないですが、日常生活に影響が少なく本当に使いやすいです。長く使って徐々にむくみを取っていくのに向いた商品に感じます。

Twitterユーザー

私は半分の量で効き目があります。トイレの回数が増えて1.5kg痩せました。副作用も特に感じないのでまた買います。

Twitterユーザー

ラシックスが輸入禁止になると聞いてトラセミドを試しに購入。利尿作用の効果に違いは感じなかったのでこちらに切り替えました。私は食後でも十分な効果がありました。

もっと参考になるトラセミドの口コミを読む

トラセミドとは?

トラセミドは、うっ血性心不全、肝硬変、腎疾患、慢性腎不全、肺水腫(肺内液)に関連する浮腫を含むいくつかの症状によって引き起こされる浮腫(水分貯留)の治療に使用されます。

トラセミドは軽度から中等度の本態性高血圧症の治療にも使用されます。これは安静時の高血圧で、通常は明白な特定できない原因もありません。

通常他の症状はありませんが、本態性高血圧症は心血管疾患のリスクを高め、制御されないと腎臓障害、脳卒中、心臓発作、心不全を引き起こす可能性があります。

トラセミドは、足やくるぶしなど、非常に腫れやすくなる可能性がある体組織から、また血液から余分な水分を取り除きます。そしてこの理由でトラセミドはしばしばウォーターピルと呼ばれています。トラセミドはまた、血圧を通常の安静時レベルまで下げます。これは心血管疾患や最終的な臓器障害のリスクを減らします。

トラセミドの効果・効能

トラセミドは、トラセミド、ピリジン - スルホニル尿素クラスのループ利尿薬に属する利尿薬を含み、浮腫と高血圧の治療に使用されます。

トラセミドのトラセミドはヘンレループの太い上肢の腎臓に直接作用し、ナトリウムと塩化物の塩の血中への再吸収を妨げ、利尿(水の排出)とナトリウム利尿(ナトリウムの排出)を引き起こします。

より多くの塩が尿中に排泄され、より多くの水分が血液から除去されるにつれて、これはさらに組織からより多くの水分を引き出し、うっ血性心不全および他の状態によって引き起こされる浮腫を減少させます。トラセミドにおけるこのトラセミドの作用はまた、尿量を増加、血液量を減少させ、そ末梢血管における抵抗を減少させ、そしてより血圧を低下させていきます。

トラセミドは、強力な即効性のある持続性利尿薬で、カリウムとカルシウムが体内から失われるのが比較的少ないです。

高血圧の治療

トラセミドは、高血圧症(高血圧)を単独で、または他の降圧薬と組み合わせて治療するために使用されます。トラセミドは腎臓のヘンレループに直接作用し、ナトリウムと塩化物の塩が血液中に再吸収されるのを妨げ、水分と塩を血液から尿中に取り除きます。トラセミドのこの作用は尿量を増加させ、血液量を減少させます。

これは末梢血管の抵抗を減少させ、そしてより低い血圧を低下させます。通常他の症状はありませんが、高血圧は脳卒中や心臓発作を含む心血管疾患のリスクを高めます。

うっ血性心不全

トラセミドは、うっ血性心不全を含むいくつかの症状によって引き起こされる浮腫や腫れを伴う組織による水分貯留を治療するために使用されます。うっ血性心不全は心筋の衰弱をもたらし、心臓は血液を十分に循環させることができず、これが最小の血管、毛細血管に集まることになり、これが漏れやすくなり、水が血液から組織に流れて浮腫を引き起こす。

腫脹は通常、足やくるぶしに起こりますが、肺を含む全身に起こります。トラセミドのトラセミドは腎臓のヘンレループに直接作用し、ナトリウムと塩化物の塩が血液中に再吸収されるのを阻止することで働きます。

トラセミドの副作用について

トラセミドを服用しているときに最も一般的に報告されている副作用には、悪心、嘔吐、胸やけ(消化不良)、頭痛、めまい、脱力感、落ち着きのなさ、過度ののどの渇き、過度の排尿などが含まれます。

トラセミドの飲み方・服用方法

トラセミドを1日1回水の入ったグラスに入れて服用します。服用量はあなたの状態と医師の判断により増減します。

あなたを担当する医師が使用を止めるよう判断しない限り、トラセミドを服用し続けるべきです。

服用時の注意点

次のような場合は、トラセミドを使用しないでください。

  • トラセミド、スルホニル尿素、またはトラセミドの成分にアレルギーがある
  • 妊娠中または授乳中
  • 腎臓病または肝臓病
  • 脱水症状または低血糖
  • 不規則な心拍がある

相互作用のある薬

いくつかの薬はトラセミドと相互作用するので、トラセミドを飲んでいる間、または医師からの話し合いと指導の後にのみ服用してください。

トラセミドと重篤な反応を起こす薬物:気分障害のためのリチウム、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)およびアスピリン、アミノグリコシドやセファロスポリンなどの抗生物質、シスプラチンなどの癌治療

トラセミドに影響を与える薬:高コレステロールのコレスチラミン、痛風のプロベネシド、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)、アスピリン

トラセミドの影響を受けている薬:ACE阻害薬のような降圧薬、いくつかの糖尿病薬

参考文献

トラセミド:新しいループ利尿薬

Am J Health Syst Pharm. 1995 Aug 15;52(16):1771-80;

トラセミドの薬理,薬物動態,臨床効果,副作用,及び用法・用量について概説した。

トラセミドはループ利尿薬のピリジンスルホニル尿素類に属する。その主要な活性部位はヘンレ係蹄の太い上行脚であり、ここではナトリウムおよび塩化物の能動的再吸収を遮断し、利尿、ナトリウム利尿および他の作用をもたらす。トラセミドは生物学的利用能が高く、半減期が比較的長く、活性持続時間が長い。蛋白結合度が高い。

臨床試験において、高血圧症、浮腫等の慢性腎不全(キー)、肝機能障害、うっ血性心不全(フッ)の治療に有効であることが示されている。トラセミドには、まれで軽度かつ一過性の有害作用がある;起立性低血圧,疲労感,めまい,神経質などがよくみられます。

トラセミドの推奨される初期経口投与量は、CHFで10~20mg/日、CRFで20mg/日、高血圧で5mg/日、肝硬変で5~10mg/日(カリウム保持性利尿薬またはアルドステロン拮抗薬と併用して)である。ほとんどの患者において、トラセミドが他のループ利尿薬よりも薬物動態学的に優れていることは、臨床転帰において実質的な優位性をもたらす可能性は低く、実際にはコスト面での優位性はないと考えられる。

トラセミドは他のループ利尿薬と比較して大きな利点はないが、他の薬物に反応しない、または忍容性がない患者に有益である可能性がある。

トラセミド顆粒の製剤化と評価

Journal of Drug Delivery and Therapeutics, 9(2-s), 480-485.

本研究の目的はTorsemideの制御放出システムを設計し最適化することである。粘膜との接触なしに胃内での滞留時間を増加させることにより生物学的利用能を増加させ、溶融造粒技術による浮遊顆粒の調製により達成された。

トラセミド、うっ血性心不全や浮腫の治療に用いられるループ利尿薬は、2~3時間という短い半減期を有する弱塩基性薬物であることから、胃滞留性多粒子システムとして処方される薬物候補として選択された。Gelucire 43/01を薬物と異なる比率(1:0.5、1:1、1:1.5)で脂質担体として選択した。製剤F1~F6を調製し,従属変数(in vitro浮遊能)について評価し,製剤F4~F6を予備的最適化製剤として選択した。

予備的に最適化した製剤F4~F6のミクロメリティック特性,薬物含量とパーセンテージ収率,in vitro薬物放出,パーセンテージin vitro浮遊能力を評価し,8時間後に良好な浮遊能力と0次薬物放出(85.95%)を示す最適化製剤F4を選択した。貯蔵に対する老化効果をin vitro薬物放出を用いて評価した。老化試料のin vitro薬物放出研究は放出挙動の増加を示し,それはGelucireの相変態によると思われる。

結論として,疎水性脂質,Gelucire43/01はTorsemideの多ユニット浮遊ドラッグデリバリーシステムの設計のための有効な担体と考えられる。

抵抗性高血圧患者における血圧ターゲットに対するスピロノラクトン対トラセミドの効果

Journal of Hypertension. 37():e313, JULY 2019

目的:
治療抵抗性高血圧(ラッ)患者における追加治療として,スピロノラクトン(スピール)対トラセミド(モーター)の二つの治療選択肢における血圧(BP)コントロールに対する効果を評価した。

設計と方法:
診察室および外来BPモニタリング(ABPM)によって確認された真性RAH患者78例を検討した。患者を2群にランダム化し,ベースラインの三剤併用に加えてSPIR(25~50mg)またはTOR(5~10mg)による12週間の毎日一回の治療を行った後,薬物でローテーションした。血圧は診察室およびABPMにより測定し、臨床検査値の変化も検討した。降圧反応を決定する血漿アルドステロン,活性レニン濃度(円弧)およびアルドステロン‐レニン比(アール),血清カリウム,24時間尿中排泄ナトリウムの予測値を分析した。

結果:
SPIRおよびTORによる平均外来BPおよび平均夜間BPの低下に有意差はなかった。SPIRは平均収縮期24 8.9時間BPを11.7 mmHg低下させ、平均収縮期日中BPを12.2 mmHg低下させた(P<0.05)。
TORでそれぞれ9.1 mmHg(P<0.05)。全体として,36.8%のRAH患者は,臨床BPおよび24時間ABPMレベルの目標をSPIRで達成し,30.9%はTORで達成した。/// 12週間の治療後,平均血漿カリウム濃度は,SPIRで4.3から4.7 mmol/L(P<0.0001)に増加したが,TORでは有意な変化はなかった。///血清カリウム(β=−0.441、P<0.05),24時間尿中排泄ナトリウム(β=0.432、P<0.05)およびARR(β=0.543、P<0.03)は,SPIRのBP低下効果の予測因子であり,血漿アルドステロン(β=−0.68、P<0.001),ARC(β=0.463、P<0.03)は,多変量モデリングにおいてTORに対するBP低下の予測因子であった。

結論:
SPIRのより大きな抗高血圧効果は,抵抗性高血圧におけるアルドステロン状態,尿中ナトリウム排泄および血清カリウム濃度に関連する。TORは,高ARCのRAH患者および低ナトリウム摂取または高血清カリウム濃度の人々に適している。

トラセミドは収縮期心不全におけるループ利尿薬として選択すべきか?

Future Cardiol. 2012 Sep;8(5):707-28.

フロセミドは、収縮期心不全(フッ化水素)の状況で最も広く処方されているループ利尿薬であるが、トラセミドはフロセミドと比較して、生物学的利用能の個人間および個人内変動が少なく、作用持続時間が長いことが示されている。

そこで、OVID MEDLINE、Excerpta Medica(エンベース)、Web of Science、PubMed、Google Scholarを用いて、収縮期HF患者を対象にトラセミドとフロセミドを比較したランダム化比較試験の系統的レビューとメタアナリシスが実施された。抽出されたデータには、研究デザイン、サンプルの特徴、介入、転帰、潜在的交絡因子のコントロールが含まれた。DerSimonian and Laird‐random‐effectsモデルを用いてHFおよび心血管(制御点)再入院転帰の要約リスク比を算出した。

収縮期HFの471人の患者でフロセミドとトラセミドを比較した二つの無作為化試験が確認された。フロセミドと比較して,トラセミドは「少なくとも1回の再入院。」患者において,CV再入院(RR:0.77,95% CI:0.6–0.98,p=0.03)と同様に,総HF再入院(相対リスク[ルルルル]:0.41,95% CI:0.28–0.61,p<0.0001)とHF再入院(RR:0.53,95% CI:0.33–0.84,p=0.008)を有意に減少した。さらに,フロセミドと比較して,トラセミドは全原因死亡率の14%減少をもたらした(RR:0.86[0.53~1.39年],p=0.54)。

フロセミドと比較して、トラセミドは収縮期HFにおけるHFおよびCV関連の病院再入院を有意に減少させ、さらにトラセミドは全原因死亡率の減少傾向と関連している。

心不全患者におけるトルセミドとフロセミドの比較:デューク大学病院からの知見

J Cardiovasc Pharmacol. 2015 May; 65(5): 438–443.

トラセミドの潜在的利点を示唆するデータがあるにもかかわらず,フロセミドは歴史的に心不全(フッ化水素)患者における主要なループ利尿薬である。著者らはDuke Echocardiography Lab Databaseを用いて、2000~2010年にDuke HospitalにHFで入院し、トラセミドまたはフロセミドのいずれかで退院した患者を調査した。

退院時利尿薬に基づくベースライン時の特徴を述べ,5年間の全原因死亡率との関係を評価した。4,580人の患者のうち,86%(n=3,955)はフロセミドを受け,14%(n=625)はトラセミドを受けた。

トラセミドを投与された患者は、フロセミドを投与された患者と比較して、女性である可能性が高く、併存疾患も多かった。トラセミド投与患者の生存率は不良であった(5年Kaplan-Meier推定生存率は41.4%[95% CI:36.7–46.0]vs 51.5%[95% CI:49.8–53.1]であった。)。リスク調整後、トラセミドの使用はもはや死亡率増加と関連しなかった(ハザード比1.16;95% CI:0.98–1.38;P=0.0864)。残留交絡の可能性のため,トラセミド対フロセミドの効果を検討するために,前向き試験が必要である。

僧帽弁疾患に続発する心不全を有するイヌにおける臨床的、実験室的、放射線学的および生活の質の変数に対するトルセミドおよびフロセミドの影響

J Vet Cardiol. 2012 Mar;14(1):253-9.

目的:
利尿薬療法は前負荷を軽減し,心機能不全に続発するうっ血を緩和する。トルセミド(トラセミド)は,フロセミドと比較して,作用時間が長く,利尿薬抵抗性に対する感受性が低下し,アルドステロン拮抗薬の補助的特性を有するループ利尿薬である。著者らは,トルセミドが良好な忍容性であり,欝血性心不全(フッ)のイヌにおける利尿,臨床徴候の制御,およびクオリティオブライフ(QOL)の維持においてフロセミドよりも有効であるという仮説を立てた。

動物、材料及び方法
安定したCHFを有する7匹のクライアント所有イヌにフロセミドを1日2回経口投与し、補助薬を投与した。二重盲検,無作為化,クロスオーバーデザインを用いて,イヌに0日目に現在の用量のフロセミド経口投与またはトルセミドと同等の用量(フロセミド1日量の1/10を1日2回に分割)経口投与した。クロスオーバーは7日目に生じ,試験は14日目に終了した。臨床的,臨床検査,放射線学的,およびQOL変数を0日目,7日目,および14日目に評価した。

結果:
試験中にCHFを再発したイヌはなかった。第0日の平均フロセミド用量は5.13 mg/kg/日(範囲2.8~9.6)であった。トルセミド処理後,フロセミド投与と比較して,クレアチニン(P=0.02),尿素窒素(P=0.013),リン(P=0.032),アルブミン(P=0.019),二酸化炭素(P=0.015)およびアニオンギャップ(P=0.005)が有意に増加し,尿比重(P=0.004)および塩化物(P=0.021)が有意に減少した。QOLに差は認められなかった。

結論:
結果は,トルセミドがイヌのCHFの臨床徴候のコントロールにおいてフロセミドと同等であり,フロセミドに対してより大きな利尿を達成する可能性があることを示す。イヌのうっ血性心不全に対する第一または第二選択ループ利尿薬としてのトルセミドを評価する大規模臨床試験が必要である。